肌トラブルを治す治療|クマの種類に合った治療法

種類と治療方法

目元を触る女性

クマを治すためには、その種類に合わせて治療していくことが大切です。茶グマには美白効果のある化粧品でのケアやレーザー治療、青グマはマッサージなどで血行を良くしたり、黒グマはヒアルロン酸などを注入してへこみを無くすなどの方法があります。

もっと見る

目の下の膨らみの治療法

肌のケア

目の下にクマができると表情が暗く見え、老けたイメージを与えます。主な原因は加齢によるたるみです。睡眠不足や目の疲れを解消することが大事です。できてしまったクマを治すには美容整形で治療を受けるのが確実です。ヒアルロン酸注射や目の下の脂肪除去によって簡単に治すことができ、すっきりした顔立ちになります。

もっと見る

目の下の影は老け顔の要因

女の人

クマには、症状によって青グマ、赤グマ、茶グマ、黒グマに分けられますが、どれも少しの配慮で防ぐことができます。肌が必要とするビタミンやミネラルを摂取するなど、ちょっと意識するだけで誰でも治すことができる内容です。

もっと見る

顔の印象が変わる

注射

目の下にクマが出来ると、顔の印象も変わります。またクマがある場合とない場合では顔の雰囲気が異なることもあります。クマがあるだけで元気がなく老けて見えるし疲れているイメージになってしまいます。クマは大まかに3種類に分けることができます。一つ目は青いものです。元々皮膚が白い方は目立ちやすく、寝不足の時や目を酷使した時、冷え性で血行が悪い時に起こります。マッサージを行うと少し改善されるのが特徴です。そして次が黒いものです。これは加齢による皮膚のたるみによって起こります。たるみでなっているので上を向くと改善されます。そして、最後が茶色のものです。これは色素沈着で起こります。アイメイクの残りや目の擦りすぎで起こりやすくなります。こういった形で、クマといっても様々な種類や原因に分かれていますが、自分のクマがどの原因でなっているのか知ることで改善していくことが出来ます。

青いクマを治すには、目の周りをマッサージして血行を良くすることが効果的です。その他に体を冷やさないようにする事も大切です。黒いクマを治すには、自分で出来るもので表情筋を鍛えるという方法があります。毎日少しずつ行うことでたるんでいる皮膚が上に上がってくるようになります。その他に美容整形の病院に行き、ヒアルロン酸の注射を行ったりラジオ波を照射することで改善されます。茶色のクマを治すには、ビタミンC誘導体が入ったクリームなどをぬる方法があります。その他に美容整形の病院では高濃度ビタミンCの点滴を行い治す方法があります。整形外科に行く際は、これまで治療を受けてきた人のビフォーアフター写真を見せてもらうと安心して受けられるでしょう。もしくはモニター制度があれば、それでお試しから始めてみてもいいかもしれません。このように、自宅で行うことが出来る方法と病院に通い行う方法があります。まずは自宅で行い、なかなか改善されない時は受診をしてみることも一つの方法です。

おすすめサイト

  • KOSHO CLINIC

    肌トラブルに悩んでいる人は、美容皮膚科を神戸で見つけましょう。つるつるの美肌を手に入れる秘訣がここにありますよ。
  • セルポートクリニック横浜

    数多くの豊胸治療を施してきたドクターなら、あなたのコンプレックスを解消してくれますよ!事前のカウンセリングで詳しい話を聞いてみましょう。
  • 千葉スキンケアクリニック

    身体にメスを入れたくない方にはヒアルロン酸注射が適しているといえます。まずはどんなことをするのか調べてみましょう。
  • リゼクリニックを体験して口コミを徹底検証!

    リゼクリニックに通うことでツルツル肌に変わることができます。レーザーを用いてムダ毛の成長を抑えておきませんか。