肌トラブルを治す治療|クマの種類に合った治療法

種類と治療方法

目元を触る女性

クマができると疲れて見えたり、老けた印象になってしまいます。しかし、クマを治すにはただ寝れば良いだけではなく、その種類と原因に合わせてケアしていく必要があります。種類は大きく3種類に分けられます。茶グマは、紫外線のダメージや擦ることで色素沈着が起こったものやメラニンが皮膚の奥に沈着してしまってできるアザによってできます。青グマは目の周りの毛細血管の血液の流れが滞ることによって引き起こされます。冷えや生活習慣の悪さ、睡眠不足、疲労などが原因で起こります。黒グマは生まれつき目の下の脂肪が少ない、または加齢によって脂肪が萎縮してしまう、眼窩脂肪を支える筋肉が緩んでしまうことでへこみができることでできてしまいます。このようにクマには種類があるため治すには、原因にあった治療を行なうことが大切です。

クマを治すには、それぞれの種類にあった治し方をしていく必要があります。茶グマの場合には、色素沈着が起きているタイプのものには美白効果のある化粧品などが有効です。クリニックで処方してもらうことのできるハイドロキノンなどでも治すことができます。アザとなっている場合には、メラニン色素を除去するためにレーザー治療での治療が効果的です。青グマを改善したいときには、目の周りの血流を良くすることが必要です。マッサージやホットパックなどで血行を良くしていきます。また、全身の血流を良くすることも有効で、半身浴や運動することが改善に繋がります。黒グマを治すには、脂肪が少ないと言うときにはヒアルロン酸を注入して、へこみを無くすことが良いとされています。筋肉が緩んでいるときには眼窩脂肪を取ってしまう脱脂術などの手術が効果的です。筋肉を弱らせないためには、日頃から目の周りのストレッチを行なうことも有効となります。