肌トラブルを治す治療|クマの種類に合った治療法

目の下の膨らみの治療法

肌のケア

加齢によるたるみが原因

目の下にクマができると疲れた暗い表情に見えます。また年齢よりも老けたイメージを与えます。クマができる主な原因は加齢によるたるみです。まぶたの内側には開閉する働きをする眼輪筋という表情筋があり、さらに眼球を守る眼窩脂肪があります。年齢を重ねるとこの眼輪筋が緩んで、眼窩脂肪が垂れて膨らみます。これがクマになります。このような症状が出る原因は睡眠不足、目の疲れ、栄養バランスの乱れなどです。予防するためには普段から規則正しい生活をして充分な睡眠をとり、読書などで目が疲れたらホットタオルで目を温めるなどの注意が必要です。またビタミンやミネラルなど美肌効果のある栄養素を摂取し、メラニンの生成を抑えるビタミンや鉄分を多めに摂るようにすればクマを防ぐことができます。

脂肪除去による効果

既にできてしまったクマを治すには化粧品やエステなどではそれほど効果が望めないので、美容整形で治療を受ける方が確実に効果が出ます。治すには色々な治療法がありますが、簡単にできて負担がすくないのがヒアルロン酸注射です。この治療法は目の下の内側に注射でヒアルロン酸を注入してクマのくぼみを解消します。特徴は入院などが必要なく、そのままメイクをして帰宅できることです。洗顔してもいいので、普通に日常生活を送ることができます。目の下に目袋ができている場合は脂肪除去によって治すことができます。特徴はまぶたの内側から脂肪を除去するので、表面にでこぼこや傷跡が残さないで治すことができます。30分程度で脂肪が除去できるのでその場で効果を実感できます。